パキスタンとスカイプMeeting

12月12日 日本時間正午過ぎ・カラチ朝8時過ぎ  30分間

パキスタンカラチの Beaconhouse School System Defence Campus中学校

Musarat先生と20数名の生徒・数名の先生―JEARN高槻事務所高木

 

核兵器の熱線と内部被爆によって死に至ること、現在、保有する核兵器、原発の危険性など説明。 生徒から質問。

 

その生徒たちが描いた絵本をiEARNギャラリーから印刷をし礼を言うとともに、

手元にある絵本から3冊の生徒たちの作品:

AUの生徒の”Night Rain”,

アフガン戦争を背景にしたカナダの”Huma’s Story”,

アイアーン沖尚の沖縄戦末期の自決を描いた”Machinto ~Okinawa Version”を

ページをめくりながら紹介。

 

次は日本の学校の生徒たちと話したいと言っています。

Musarat生の学校にはICT専門の先生もおられて、このようなリアルタイムの

会話に違和感がなく、また平和教育にも熱心です。

スカイプ交流を希望されるクラス・グループはご連絡ください。

[Hiroshima for Peace] 2011-2012 募集

[Hiroshima for Peace] 2011-2012 募集します。

現在の参加国は、カナダ、レバノン、オーストラリア、パキスタン、台湾、ロシア、

コロンビア、スロベニアから11校です。このほか、US, インドネシアが参加する予定です。

ひろしまの絵本「まちんと」などを使ったグローバルな平和教育 

 

           プロジェクト名   Hiroshima for Peace  2011-2012  session

           プロジェクト概要

期間  : 2011年10月―2012年8月

テーマ   : ひろしまの絵本「まちんと」などを使ったグローバルな平和教育

主催        : 特定非営利活動法人グローバルプロジェクト推進機構JEARN

共催        : アイアーン教育ネットワーク

まちんと: 発行:偕成社  文:松谷みよ子  絵:司 修

趣旨    :「まちんと」は広島の原爆投下を描いた絵本です。一口のトマトを欲しがり「まちんと」(もう一寸頂戴)と泣きながら死んだ主人公の少女の姿を通して、今日も戦いやテロ、自然災害などにより「まちんと」と泣いている世界各地の子ども達に対して、何をできるのかを海外の子ども達と一緒に考え、平和を目指す自作の詩・絵・創作絵本・ビデオを作り、子どもたちへ贈る活動をします。

目的    :参加者は広島、長崎でおきた市民への無差別殺戮が、今日に至っても戦いやテロによって続けられていることを学習します。世界的なアイアーン教育ネットワーク参加によって、グローバルなプロジェクト学習を体験し、オンラインフォーラムへ英語で発信し、パソコンスキルやテレビ会議での発言・対話の力を育てます。 自作の作品をオンライン・オフラインで展示し、子どもたちの感性と想像力を国際教育の環境の中で育てます。

3つの特色:

(1)平和の絵本「まちんと」を学習の基本とする。

(2)オンラインフォーラムやテレビ会議を利用した国際協働学習を行う。

(3)平和を願う詩・絵画・絵本を創作する。

参加対象:6才―18才 学校や地域の教育活動グループや組織 

Facilitators: Yoko Takagi (Japan)Mali Bickley (Canada)

問合せ・申込先:NPO法人グローバルプロジェクト推進機構 http://www.jearn.jp/

高槻事務所: 〒569-1036大阪府高槻市塚脇1-11-25       072-680-2115(tel/fax)

担当:高木洋子   yoko@jearn.jp

How to make Machinto book

2011.10.21

台湾のシンディ先生から「まちんと」ブックの作り方というサイトの紹介です。昨年度の作品“Global Friends” を生徒たちがどのように制作したかそのメーキングを紹介します。

How to make Machinto book
http://youtu.be/Z2p2EINvvCI