パキスタンとスカイプMeeting

12月12日 日本時間正午過ぎ・カラチ朝8時過ぎ  30分間

パキスタンカラチの Beaconhouse School System Defence Campus中学校

Musarat先生と20数名の生徒・数名の先生―JEARN高槻事務所高木

 

核兵器の熱線と内部被爆によって死に至ること、現在、保有する核兵器、原発の危険性など説明。 生徒から質問。

 

その生徒たちが描いた絵本をiEARNギャラリーから印刷をし礼を言うとともに、

手元にある絵本から3冊の生徒たちの作品:

AUの生徒の”Night Rain”,

アフガン戦争を背景にしたカナダの”Huma’s Story”,

アイアーン沖尚の沖縄戦末期の自決を描いた”Machinto ~Okinawa Version”を

ページをめくりながら紹介。

 

次は日本の学校の生徒たちと話したいと言っています。

Musarat生の学校にはICT専門の先生もおられて、このようなリアルタイムの

会話に違和感がなく、また平和教育にも熱心です。

スカイプ交流を希望されるクラス・グループはご連絡ください。